院長紹介

院長紹介

白水乳腺クリニック 院長:白水光紀

白水乳腺クリニック

院長:白水光紀

introduction002

生年月日
昭和34年6月4日
学歴
春日市立春日小学校
久留米大学附設中学、高校卒業
大分医科大学(現在の大分大学医学部)卒業
資格
日本乳癌学会 乳腺専門医
日本外科学会 外科専門医
春日市乳がん検診実施医療機関
福岡県乳がん検診実施医療機関
福岡県乳がん検診精密検査実施医療機関
マンモグラフィ読影認定医(AS判定)
マンモグラフィ撮影認定放射線技師 3名
マンモグラフィ診療施設画像認定(デジタル)
所属学会
日本乳癌学会
日本乳癌検診学会
日本外科学会
日本乳癌画像研究会
日本癌治療学会
日本乳腺甲状腺超音波医学会(JABTS)
日本臨床外科学会
筑紫医師会会員
職歴
国立病院九州がんセンター乳腺科
大分医科大学医学部付属病院 助手
ブレストピアなんば病院 乳腺科兼検診部長
ブレストピアクリニック延岡院長
家族構成
妻、長男、長女

ご挨拶

院長先生02
白水乳腺クリニックは、平成15年に開院、「乳腺疾患に悩む人々に、信頼と安心のある最新の医療を提供する」を理念に、筑紫地区を中心に福岡市南部から鳥栖市に至る皆様の診療を行ってまいりました。当院は乳腺外科単独での開業を行っている筑紫地区唯一のクリニックです。
乳腺専門医として、正確な検査と診断をご提供するという開院時の思いは、現在も全く変わっておりません。開院以来、1800名以上の患者さんの乳癌の診断に携わらせていただきました。
決して地方の小さな診療所にとどまる事なく、全国でもトップレベルの診断能力を持ったクリニックであり続ける努力を惜しまない決意を新たにしております。

当院の専門性

白水乳腺クリニックは、乳腺専門医の資格を有する医師が診療を行います。
乳腺専門医とは、乳腺疾患に関わる専門的な知識を身につけ、十分な臨床経験を積んだ医師が、
乳腺専門医認定試験に合格して初めて資格を得る事ができます。
乳腺専門医の資格は、5年毎に更新する必要があり、維持し続けるのは大変です。

  1. 5年間に100例以上の乳癌の診療経験、
  2. 研究実績(論文や学会発表8点以上)、
  3. 研修実績(学会出席30点以上)が充たされると更新できます。

院長先生03最新の医療情報を得るため、また乳腺専門医の資格維持のために毎年の日本乳癌学会総会には必ず職員全員とともに出席して、演題を発表することにしています。
学会参加と学会発表は、当院が専門性を維持し、職員のモチベーションを高く維持するためには必須と考えております。(最近の学会発表

また、マンモグラフィ読影の資格として、乳癌検診精度管理中央機構認定の試験があり、100問200乳房の読影を行い、その結果により合格(AS、A、B)、不合格(C、D)が判定されます。
乳癌診療に携わるほとんどの先生が読影試験を受けています。
マンモグラフィ試験は本来5年毎の更新制ですが、私は自分の読影能力の確認と、自分のモチベーションを高く維持するために意図的に毎年試験を受けて、毎年AS判定を維持し続けています。

病院理念

1.乳腺疾患に悩む人々に、信頼と安心のある最新の医療を提供する。
2.職員に、働きやすく夢のある職場環境を提供する。